生八ツ橋を作る

  • 2011年02月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

京都のお土産として定番の八ツ橋。
旅行の際はお土産だけでなく、自分用に生八ツ橋をたくさん買って帰ります。
ですが、京都はたまにしか行かないため、八ツ橋もたまにしか食べません。

久しく京都へ行っていないので、何となく食べたいなーと思いネットで調べたら、意外と簡単に作れることが判明。
これは作るしかない・・・好きなだけ八ツ橋が食べられる!
テンションが上がり、意気揚々と買い物へ出かけます。

材料

材料

  • 白玉粉 50g
  • 上新粉 50g
  • 砂糖 60g
  • 水 150cc
  • シナモン 適量
  • きな粉 適量
  • 餡子 適量
  • 抹茶 適量

作り方

白玉粉を入れる

白玉粉に水を少しずつ入れ、ダマにならないようによく混ぜます。
泡だて器とか混ぜるものが無かったので、スプーンで何とかします。
混ざったら、上新粉、砂糖を入れ、さらによく混ぜます。

抹茶を入れる

抹茶投入!
その後、軽くラップをかけレンジで1分加熱して、混ぜます。
さらに1分加熱し、また混ぜます。

まな板に乗せる

まな板にきな粉とシナモンを混ぜ合わせたものを広げ、その上に生地を乗せます。
この時点で相当おいしそうです。
つまみ食いしたい気持ちをグッとこらえます。

伸ばす

きな粉をまぶしながら薄く伸ばします。
ですが、まな板じゃ狭すぎてきれいに伸びません。
かなりムラがあります。

四角に切る

きな粉も飛び散りまくってますが気にしません。
四角く切りそろえます。

完成

餡子を包んで完成!

感想

めっちゃ簡単。
まぁ生八ツ橋っぽい感じはする。
分厚い。
美味しいけどこれじゃ売り物にならない。
不合格。

 

ページ上部へ


最近の記事

カテゴリー